もどる






ゴルフ TSIトレンドラインレポート


7速DSGシングルターボのトレンドライン発表
暗いところに展示してあったので、写真の写りはよくない。 またアカは自慢のカメラでは苦手な色で、きれいに写せない。  簡単にレポート。
モデル形式1K10G5      2008.6.21

形式 ABA-1KCAX トレンドラインは旧1600E置き換わる形で導入されたモデル
よってバンパー下、エア インテーク グリルのスリットの数はEと同じで本数が多い。
VWJサイトのトレンドラインの写真は間違い

ホイールは鉄、6J×15。タイヤはコンチネンタル Conti Eco Contact 3 少燃費タイヤを採用
195/65 R15 91H

運転席まわり。

メータパネル
Eには設定されていなかったマルチファンクションインジケーターもトレンドラインには装備される
Traは未整備の状態 納車されるときには表示されない。

エアコンは セミオートエアコンディショナー

シフトノブ 皮巻きではないが、触感はよい。
DSGバッジ装備

今回初めて気づいたのですが、コンソールボックスの内壁が若干変更されていました。
四角いブランクパネルが2つ貼ってあるがこれはどういう理由なのか想像がつきません。

エンジンルーム
ボンネット裏にはサウンド アブソーバーは装備されない。
雨の日にはボンネットから水滴が立ち上がると思われる。

エンジンは直列4気筒DOHC(4バルブ)、TSIシングルチャージャー、1,389cc 90kW(122PS) / 200Nm(20.4kgm)
エンジン型式はCAX 圧縮比10.0

<以下VWプレスリリースより引用>
水冷式インタークーラーを採用した結果、ターボチャージャーで過給された空気がインテークバルブに到達するまでの空気量は、ツインチャージャーを搭載したTSIエンジンの11リッターから、4.8リッターまで削減することが可能となりました。更に直径わずか37mm/41mm(タービン/コンプレッサー)の軽量小径ターボチャージャーを採用し、わずかな排気ボリュームでもタービンの回転を促すことを可能とし、低回転時の過給圧の上昇スピードを大幅に改善、アクセル操作に対する応答性を高めることに成功しました。

スロットルボディーの向こう側にある黒い箱が、新たに採用されたインテークマニホールド一体型の水冷式インタークーラー
上手に配置されているというか、インテークマニーホールドのつつっぽが無いエンジンを見るのは初である。直噴だからこんなことができるのでしょうか。
意外なことに、フォルクスワーゲン初の水冷式インタークーラーとのこと。
サージタンクがなくても、マスターバックの負圧はすぐに復活するのでしょうか。

バッテリーはエキサイド製がまた採用された。
マジックアイは明るくてよく見えるよ。

リアエンブレムはTSI
関連情報
WEB CG
CAR VIEW

Click on each image for a larger picture

(C)2008 African Cooking School All Rights Reserved.