もどる



KENWOOD ドライブレコーダー KNA-DR300
バッテリー取替え修理



KENWOOD ドライブレコーダー KNA-DR300
1年半でバッテリーがダメになった。
KENWOOD ドライブレコーダー KNA-DR300 バッテリー修理 2017.11.14                             
1年半使ったら、バッテリーだダメになり、イグニッションONで録画開始できなくなったり、手動で電源入れてもこのありさま。

バッテリーがダメになると、外部電源をつないでも立ち上がらなくなるというしょぼい設計。
下側のゴム製のメクラぶたをめくると、ねじが現れる。
ビットサイズは+00

カメラやめがねの修理をする人はたぶん持っていると思うけど。
リアパネルと、ボディーの隙間に爪を入れてこじると、パカパカっと外れる。

失敗することはないと思うけど、滑って爪で引っ掻けないように、マスキングテープ等で養生しておくとよい。
LCDのフラットケーブルコネクタの上に、絶縁板が貼ってあるのでめくって外し、フラットケーブルコネクタの爪を起こす。
LCDパネルが外れました。本体の基板はねじ4つで固定されている。
それを外して、microSDカードが差さってないことを確認し
基板を引き抜く。
真ん中にカメラコネクタがあるよ。
バッテリーのコネクタの嵌合を外し、ステンレスの板を取り外す(ねじ4箇所)
ステンレス板を外すと、電池が現れる。両面テープでケースに貼り付いているけど容易に外せる。
バッテリーにはスポンジが貼ってあり、ステンレス板との間の隙間を埋めている。
富士?机(深?)有限公司製
白い紙をめくると、ようやくバッテリーが現れる。この紙は再利用するので上手にめくる。
バッテリーサイズは402035(240mAh)のようです。

こういう時のために昔買っておいたリチウムイオンポリマー電池042030(200mAh)

小は大を兼ねる。
小さいけど入ればいいんだよ。

042030=402030(厚さ4mm×幅20mm×長さ30mm)
バッテリーには充電用保護回路があるけど、それを切断し捨ててDR300のLi-ionから外した保護回路基板(再利用)を半田付け。
負極側はリード線でつないだ。
さっきの紙に包んで、分解と逆の手順で組み直す。
車につないでテスト。

電池のサイズが小さいのですぐに満充電になる。
駐車監視しなければ、イグニッションキーOFFで最後のファイルの書き込みが終わるまでのエネルギーが残ってさえいれば差し支えない。

ちなみに内蔵電池だけだと1分ぐらいで切れる。交換した042030もだいぶ劣化していると思われる。取り説にあるような通常録画8分到底もちそうにない。
もう1台のKNA-DR300は2分ぐらいで切れる。これも使えてはいるが、そのうちダメになる。
分解の手順は
カロッツェリアの ND-DVR10の説明書を見ると
参考になるよ。
ケンウッドサービスセンターに直接電池交換をご依頼した場合

部品代:\2,600 + 技術料:\3,000 合計:\5,600(税抜き)
電池単品の部品価格は上記となりますが、電池の交換は分解が必要となり、
作業は危険を伴うため販売は行なっておりませんので、弊社サービスセンタ
ーにて対応させていただけますようお願い申し上げます。
だとさ。
具体的にどういう危険が伴うのか、文書で回答をもらいたい。
危険な作業と言う割りには、3000円の工賃って計算合わないね。


バッテリーの内部抵抗測定                             
KNA-DR300から外したバッテリー
402035
HIOKI LCRハイテスタ 3522-50で内部抵抗を測定
745mΩもあった。これはかなりダメ。

Li-ionバッテリーの内部抵抗は、デジカメや電話の電池を計ると、だいたい110mΩ〜180mΩ前後。 なのでこれはかなりダメ。
中国から昔取り寄せた042030
内部抵抗は208Ω前後
これもあんまりよくないけど、まだましである。

Click on each image for a larger picture

(C)2010 African Cooking School All Rights Reserved.