もどる
News Archives34 2018.2-






2018.3.3 夏タイヤに交換 28182km
 
土筆も生えてきて春になったので、


夏タイヤに交換した。


外したタイヤは、洗って乾かして保管。
今回は小石とるの止ーめた。

 



2018.2.11 ビートル 代わりのバッテリー購入
このまえ純正バッテリーのCCAを計ったら、738Aまで落ちていたし、
パワーウインドウも度々ロールバックするようになったので、
まあそろそろ急激に劣化が進むと見立て、交換用を準備。

ニュービートルEXIDEバッテリーは3年半で寿命だった。
ゴルフAKUMAのときは3年。新車のバッテリーは保証2年。
4年ももったのならばそれはあたりというか、上手に作れたものであろう。
国産車だと、徐々にそれらしき兆候があるが、VW車は昨日までは
なんともないのに、突然寿命を迎えるように作ってある。
メンテナンスフリーは補水ができないのですが、少しづつ
電解液が減って行き、サルフェーションの進行が早まるらしい。
パワーウインドウのロールバックとか、セルを回したときに
純正ラジオの音が切れるとかの症状があったときには、次の
バッテリーを準備すべしという過去の経験則が重要。

交換用バッテリーを選ぶときには、ついついCCA値に目が行くが
それは、バッテリーの大きさでほぼ決まっている。
どんなに上手に作ろうが、限界がある。大事なのは、
何年持つかである。初期CCA値が大きくても、普通は約3年でダメになるが
ダメになる兆しがなく、ブスッ。うんともすんとも言わなくなる。
突然NGになるのがDIN規格のバッテリーである。


純正バッテリーに貼ってあるデータマトリクス2次元コードには、
バッテリーの製造日の情報が隠されている。知らべたところ、
2015年3月14日製造だった。
車が生産ラインに載ったのは3月13日、ラインオフが4月28日だったから
まあ合っているな。そろそろ3年になる。寿命は近い。
でもこの日付は真のバッテリー製造日ではなく、VWプエブラ工場が管理用に
貼ったもの。本当の製造日は、バッテリーの上部にドットで刻印された
数字による略号だと思う。01988811と記されているが、この意味は不明。

 
made in KOREA
デルコア製PLATINUMバッテリー D-57412/PL 74Ah(20時間率)、リザーブキャパシティー135h、
コールドクランキングアンペア 680A(EN) プラチナバッテリーだけど
シルバーバッテリーではない。一世代前の作り。

Amazonで9592円(送料無料)
輸入元は 大阪市福島区のSPK株式会社
だけどどうもJO-YAの取り扱いのようだ。 

(参考)
ゴルフ7では、韓国製世邦電池SEBANGが採用に至った。
韓国のバッテリーメーカーは世邦電池のほか、Delkor、
ATLAS BX、Hyundai Sungwoo Solite等がある。
 


製造ロットは7MR03
ACDelcoやHEXAと同じ製造ロット番号のつけ方だと思われる。
7MR03=2017年12月3日の製造ということになる。
7=2017年
M=12月、(A〜H=1月〜8月 J〜M=9月〜12月)
R=略号で詳細不明
03=3日


新品時のCCAを測定しておこう


ENで測定して757A


CCAで測定すると、824Aであった(右)。
ENとSAE、CCAの換算値は、以前302-mdx-p300.html 
MDX-P300で検証した時は、EN値はSAEやCCAの94%の換算だったけど、
今回は約92%の換算。

純正バッテリーは新品時、だいたい801CCAぐらいだったので、
まあまあといったところかな。

Panasonic湖西 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社の
CAOS 75-28H/WD(シルバーバッテリー)はどうかなと考えていたが、
湖西に聞いたらCCAは実力参考値で600A。
長持ちするかもしれないけどスペックがやや劣るので韓国製に
したという次第である。
今日はまだ交換しない。また今度。

参考:
ビートルターボには関係ないが、
START/STOPシステムを装備しているEFB/AGMバッテリー装着車のバッテリー
を交換する際には、交換後、Ah、サプライヤー、ロットナンバーを新たに入力
(アダプテーション)する必要があります。
こちらの情報で知りました。
https://minkara.carview.co.jp/userid/1310064/car/1236860/3958592/note.aspx
手順書が貼られていますが、不鮮明で内容がよくわかりません。

ELSAにこの手順書がありましたので紹介します。
2018.2.10 大発ハイゼットカーゴ ブロワー また異音 ヒーターのブロワーを回すと小さい音でチリチリ音がする。 一時治まるような感じだけど、内気循環/外気導入を切り替えたら、 また再現する。その周期性から見て、この音はビニール(ポリ袋)が 噛んでいると思われる。 グローブボックスを外して、途中省略。 ブロワーユニット外すと、入り口にビニールが噛んでいた。 コンビニの袋の欠片と、透明な袋。 前回2017年7月に分解清掃したのだけど、その時に取り 除けなかったものが落ちてきたか、どこかからネズミが 運んできたのと思われる。 ブロワーの羽もネズミにかじられた痕跡がある。 2018.2.1 VWJは2019 年に日本でのThe Beetle の販売が終了するとアナウンス そんなこと知らなかったけど、来年か。 日本導入は2012 年。現在までに約35,000 台(含むカブリオレ)を販売 潮時と見たのかな。 2018.1.25 今朝は大雪 今朝は大雪、氷点下。庭にはビートルおらず。 30cm以上積もるかもと思ったので、脱出不能になると困るので、 道路に近いところに置いといた。 よほど寒かったらしく、よだれや鼻水も凍っていた。 道路はパリパリ。少し危険だった。ミシュランスタッドレスは ブリジストンMZ-3よりも劣る。

Go to index page


© 2015 African Cooking School All Rights Reserved.